何故デートにはイタリアンなのか

バブルの時代から、デートといえば「イタ飯」と相場が決まっていたものです。「イタ飯」とは近年では使われませんが、イタリア料理の略語で、芸能人などがこぞって「イタ飯」「イタ飯」と連呼していたものです。ブームというのは恐ろしいもので、今考えてみると、はっきりいって「イタい」ですね。
まあ、「イタ飯」という言葉は死語となっても、デートには「イタリアン」というのは、今昔東西変わらぬもので、今でもデートにおいて、イタリアンは非常に好まれています。では、デートで「イタリアン」がお勧めの理由とは何があるのでしょうか。何が「イタリアン」にカップルを惹き付けるのでしょうか。

魚介類が多いので日本人の味覚に合う

イタリアというのは漁師町が多く、イタリア料理には魚介類がたくさん出ます。基本的に、ヨーロッパの料理といえば肉料理をイメージしますが、日本料理のように魚介類がたくさん出るために、日本人の味覚に合っているのですよね。魚介類の他にも、ピザやパスタなど、日本人にとって今ではかかせないものばかり。イタリア料理が日本人に好まれるのは分かる気がしますね。

家庭的で親しみやすい

イタリア料理というのは、フランス料理などに比べると気軽に楽しめます。非常にコンセプトが家庭的なのですよね。フランス料理などはどうしても高級なものとしてインプットされており、フランス料理を食べに行くとなると、いくらかかるのだろうと気がひけてしまいますが、イタリア料理なら家庭的なので、財布にも優しいというわけです。

原価がかからないので儲かりやすいために、広告が多い

さて、商売をする人は常に原価率というのを考えて商売をしています。料理の中で、フランス料理というのは原価がかかるもので、あまり利益がでないといわれています。それに比べてイタリア料理は、フランス料理などに比べると原価がかからないものが多いので、儲けやすいわけです。ですから、儲けるために広告をバンバンうった結果、流行となった・・・と、こういうわけですね。もちろん、イタリア料理自体非常に魅力的なわけですが、商売をする側が儲けやすかったというのも、流行となった一因にあるわけですね。商売というと嫌悪感を示す人がいますが、そもそも良いモノでなければ商売にすらならないので、イタリア料理が安っぽいというわけでは全く無いので、誤解しないでくださいね。

  • 京都で中華を食べるなら、老香港酒家京都(オールドホンコンレストランキョウト)をご検討ください。当店は中国広東省で育まれた広東料理の伝統を引き継ぎながら 最新のトレンドを融合した香港料理の本格中華レストラン。本場さながらの『香港スタイル』をお楽しみください。
  • 世界が認める日本人醸造家の仲田晃司氏のワインを飲みたいなら、Aeon de WINEでご購入はいかがでしょうか。こちらのウェブサイトから、仲田晃司氏が造る珠玉のブルゴーニュ、MAISON LOU DUMONT(ルー・デュモン)というワインが購入できます。ルー・デュモンは発酵や濾過、無濾過などの醸造方法から、熟成に使用する樽のメーカー、熟成期間など、全てのキュヴェに最も合った工程で造られており、防腐剤も使用していません。このように全ての過程において強いこだわりをもって造られるワインは絶品です!